fc2ブログ

本日、あぶくまさんの練習会中止につき

とーさんです。

練習)
ローラー120分
有酸素ライド30分+負荷ライド60分+有酸素ライド→CD30分
本日は地元でお世話になっているあぶくま自転車さんの練習会でしたが雨でお流れ。
残念ですが仕方有りません。
気を取り直してローラー、いずれも90回転くらいで回しました。
さすがに涼しくなったとはいえローラーはローラー。長時間はツライです・・・

◎伝達効率②
昨日の話の続き。
直進安定性ってコレ、実はバイクによるところも大きい。
と言うか手っ取り早い伝達効率アップの方法です。
フォークがしっかりしていてFCが長めなら直進安定性上がります。
なぜ、こんなことを思うようになったかというと、春先に出来上がったなんとも不思議なバイク「アマンダ」に乗ってから。
アマンダのバイクはみなさんフォークの秀逸さを特筆しております。
確かにその安定感はスゴイ。
ボクの練習用バイクはメルクスのチームSC。10年以上前のモデルですが、練習には全く不満なく使っています。
昨年までの決戦バイク「カレラ」と比較しても、踏み出しの軽さ、かかりの良さなどの違いを感じる事は有りましたが直進安定性に違いを感じることは有りませんでした。
しかし、このアマンダ、緩斜面の上りがスゴイ。ブレずにスイスイ上る。ボクのアマンダはFC長め(強引に)、RC短め、BB下げ気味のスケルトンオーダー。このスケルトンとフォークが絶妙なマッチングなんでしょう。緩斜面の上りと下り全般はウチのバイクじゃNo1(ま、3台だけですけど・・・)。ですから今年は富士、鳥海山などはアマンダ選択で走っていました。
アマンダ千葉さんが言う、バイクは重さじゃない、伝達効率、というのがよくわかります。ただ、激坂となるとまた話は別ですが・・・、現に乗鞍はアマンダ使ってません。
ボクのなんちゃって計算でも1kgの軽量化と1%効率アップはヒルクライムではほぼ同等のタイム短縮に相当しますので、ヘタなフニャフニャ軽量バイクよりも剛性のしっかりしたパワーロス無いフレームは選択として有りと思ってます。いくらアマンダ重いって言っても、フレーム+フォークで+1kgも差が出ないと思いますし、いや、あの重さはあるかな?

とにかく、アマンダの緩斜面の上りは真っ直ぐスイスイ気持ちいいってコトです。
スポンサーサイト



プロフィール

mini55

Author:mini55

今日も仲良しミヤモト家

最新記事
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる