fc2ブログ

福島県総体

とーさんです。

20150607)
福島県総体ロード
記録:1.34.54、7位

自宅近くの台上で毎年開催されている福島県総体ロードレース
今年はヒトと走ろう、がテーマ

練習のつもりで久々のエントリー

本気モードのロードレースは7~8年ぶり?
いや、練習のつもりだから本気じゃないか?

まぁ、いいやw

ということでレースレポ

前日の動き)
朝からあいにくの雨
気温も低いし、おとなしくローラー生活

三本ローラー80分 流し
負荷:34×17×R1、AVE:-

KUOTAを直江津より持ち帰ったので、お試しにピストのコンコールライトを装着


例のNew Arioneよりまだいい気がするが・・・

外で長時間乗らないとジャッジ出来ません

気分で軽く回して終了

午後は郡山へ
MINIちゃんのオイル交換とこーたろの洋服を買い出し

一緒に行く予定のこーたろ、午後から部活となりまして

なんでもいいよ、とーさんが選んだのだったら大丈夫

おいおい、色気ないな~

結局、かーさんと二人で物色
Sサイズのいいのってなかなか無いのだ
こーたろが要らない、って言ったらもらえるように、自分が気に入ってかつそれなりに無難なモノをチョイス。
塾用大型リュックも購入
中学生になって何かと物入りです

こーたろはそれなりに気に入ってくれましたよ

こーたろ、服は肌触りで選ぶのですよ
ナデナデしてw(フフフ)

帰りにまたまたメガネ屋さん

やっと完成

見つけてからやっとの思いで購入に踏み切りました


で、お代は?
お店のヒト、よくわからないから後でいいよ~
だってw

商売っけ、全くなし!

夕飯にこれでもかと天ぷらを食べて就寝

レース前日の動きじゃ無いですよね


レース当日)
5:00起床
まずはいつも通りに洗濯から
コーヒーを淹れて、シリアル、アンパンなどを少し

7:00頃に三人揃って朝食
アンパンは地元白河「山田パン」


こーたろには恒例のタマゴチャーハン作りました

7:45頃出発

いってきま~す

いつも通り携帯も持たず、お金も持たず、まさに練習にいくカンジ
ただ、練習ジャージではなくMontジャージを着ていたのが若干レースっぽい

8:00現地着
総体のコースは近所も近所
NISHIGOバイシクルフェスのメイン会場です

スタート地点で、あぶくまさんのトコのエース柳沼君からゼッケンキャップをもらう

来ないかと思いました

スンマセン、近いので余裕ぶちかましましてw

聞くと、同じ7周回だが今年から折り返しが短縮。
70km強が60km弱に

このコース、往路は基本下り、復路は上りの1本道の往復コース

一応、柳沼君に気になる点をレクチャーしてもらう

このコースで逃げは決まることは有るか?
大学生のコントロールがあって逃げが発生したら要注意とか

ただ、下りのスピードが70kpm出ると聞き、ちょービビる。

おじさん、ここのところ安全運転で下りを攻めないし、集団でそんなスピード怖いのねw

スタート

往路はパレード走行
60人くらいの固まりで下るのはやっぱりちょいコワ
でも、思ったほど気にならないのでいけるかな、と。

折り返してリアルスタート

そしたらちょい遅スタートの高校生もあっという間に追いつき大集団
なんだかんだで高校生が一番元気

序盤は様子見、ちょい逃げ有るも、下りで吸収

ジャブの応酬だ

ボクは基本前目でたまに引くが逃げには乗らない

高校生のトップが逃げ集団を形成し、そこに社会人、大学生も居るがとりあえず無視

大学生は誰が強いか知らないが、柳沼君、郡山サイクルフレンズの岩野さん、ラバネロなヒトが集団にいるのでここはこの位置で問題ないと。

下りもスピード出るが思ったような大集団にならずに一安心
上りは廻りの様子を確認
若干余裕も出だした

前目でレースをするのはいつものパターン

狙うのであれば無駄な動きが多すぎたと思う
だけど、練習なのであまり後ろで待機も意味が無いし

今年はハイペースらしく、折り返しの度にヒトが減っているよう

結局、最後のリザルトを見たら、1/3しか完走出来ていない
県総体としてはちょっと過酷だ

高校生の小集団が前を行くが、高校生は相手ではない
でも、この集団、結局、社会人トップも追いつかずにゴールしている。

思えば、この集団に乗った方が良かったかも、とちょっと思ったり。

まぁ、ロードレースの引き出しが全くないので終わってみればダメな点ばかり思い浮かぶ。

このコース、馬場坂と呼ばれるヒルクライム的な上りがある
距離にして500強位か

このあとは1km弱位なのかな
軽く下ってあとはダラダラ緩斜面上りでゴール

5周回目の上りで意図的にこの馬場坂で先頭を引き、廻りの様子を見てみた

やっぱり登坂力なら負けないな

逃げは間違いなくこの集団で捉えられる
で、自分が勝つなら、この馬場坂じゃね?

大学生、E1でスプリント合戦をしているローディー達を相手に、一応、勝つためのパターンを思い描く

馬場坂の後が長いので間違いなく集団に捉えられるだろう
でも、集団待機して発射合戦しても沈むのは目に見えて明らか

だったら集団崩壊を誘って少人数に絞って、自分の勝ちパターンを作ってみよう

ラスト周回

逃げはあっさり吸収
下りで自重しながらも前目ポジで

折り返してすぐに大学生が単独でポンと出る

待ってました、と言わんばかりに二人で逃げる

この大学生も同じ気持ちなのか、先頭を譲ることなくガンガン行く

ボクは馬場坂手前で先頭に立つ
一気にヒルクライムモードで単独クライム

多分、ここで集団はかなり崩壊したと思う

でも、この上りは決定的アドバンテージを取るほど長くなく、おまけにまだ1kmくらい残している

下り+ダラダラ上りで集団が後ろに張り付く

終わったな

後はローディー達のスプリント合戦に加われずゴール

正直、ここに加わる力は今のボクには無い

ちょーくやしい

わかっている、これが出来ないと最近のヒルクライムでは勝てないコトも

それにロード特有の上げ下げ、これに筋持久力が対応出来ていない

ロードレースもたまにはいい
ヒルクライムとは全く違う能力が必要
間違いなくプラス要因だ

引き出しをいっぱい持っている選手は強い
夏までまだ時間は有る
引き出しをいっぱい作ろう

この総体ロードも出て良かったな

結果は最後がズブズブながら7位入賞

それじゃ、
ってさっさと帰宅したので正式リザルトは柳沼君のFBから後で知る

そーいえば以前は完走がやっとだったな
そーいう意味でも成長はしているのかな?


おもえば県総体の入賞と言えば・・・

大学生の陸上時代に新潟県総体3000SC4位入賞ってのが有ったな
その時、22歳

うわ、今の半分の年齢だw

本日のバイク)
Eddy Merckx TeamSC、15年選手かな??
あぶくまさん手組ホイール


奥のじゃ有りません
ホントにいつもの練習と同じですw

あぶくまさんチームの方が写真撮ってくれました~


スポンサーサイト



プロフィール

mini55

Author:mini55

今日も仲良しミヤモト家

最新記事
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる