fc2ブログ

富士ヒルクライム

とーさんです。

20170611)
第14回Mt.富士ヒルクライム
記録:1.4.45、主催者選抜クラス??位


予想通りの情けない結果
ダメだろうと思っていても、こうもダメかと

ヒルクライムは誤魔化しが効かない
練習の結果が素直に出る

結局、弱いってコトだ

ということでレースレポ

前日の動き)
出発は14:00過ぎ

こーたろが部活を引退せず、棚倉の大会に参加する
それじゃ、帰って一緒にご飯を食べてから出かけようと

金曜の夜に白河に戻り、午前中はかーさんと話をしたりで
少しの時間も有効に使いたいから出来るだけ白河には居たい

圏央道が繋がったのでスイスイ
ボスに受付をお願いしたし。

山中湖のMont et LACには17:30過ぎに到着

直ぐに三本引っ張りだし、20分筋肉をほぐす

夕食はこちら
これがメインと言えばメイン、最大の楽しみです
若いチーム員がはいらねーなーと毎年同じボヤキを








はんくまさん、いつもありがとうございます。

21:30前に就寝
はんくまさん、今年も気を使ってくれました。
一人部屋はホント助かります

レース当日)
3:10起床
相変わらずアンパン的な朝食
はんくまさんのコーヒーを片手に4:00過ぎには出発

今年も富士急ハイランド駐車場
思ったより入口側
かなり混んでいるんだな

下山荷物を預けにバイクで動く、ゆっくり動いても15分

5:50WU開始、ちょっと時間が押した
三本で回転中心、いつも通り
三本で出来るので好都合
刺激入れは気分で高回転負荷を数本

WUは約25分

ここでトイレに並び少し時間をロス
準備をして6:35頃に駐車場を出る

今年もいるいる、ヘンタイが
しかし、こんな豪勢なメンバーに選出してもらえるだけでも光栄か

「なかなか難しい状況が続きますが、ここに立てるコトを感謝してます」

と、こんな感じ

スタート

ガマンして出来るだけ集団に残る

ところがハイペースなのかかなりツライ
いや、どちらかというと自分の足が無い、カラダが重い、そっちを感じる

余裕なく早々に先頭集団を見送る

今年もコースレコードが更新され、58分台に6人
優勝は兼松さん

ホント嬉しそうだった
おめでとうございます。
山頂でハグしたのは旧知のオっさんの特権かw

我慢をしながら沖縄上位陣とパックで進む
しかし、ローテをしても自分にパワーが無いのを痛感する

結局、そのパックから力なく後退

そして淡々と単独ゴール

ダメレース
こんな悪いタイムはあまり記憶が無い

こー言うレースだと書くコトが浮かんでこない
現実から逃げたいだけなんだよな

森本さんが昨年
「このコースで連覇ってすごく難しそう」
って言ってた

ヒルクライムで有りながらロードレース

それがモロ現実となったが、実際、上位陣は軽量ヒルクライマー揃い
軽量、高速化、そして若手の台頭

富士で入賞は60分キリは当たり前

いよいよ、別次元のヒルクライムとなってきた感が有る

ボクはパワー系でも無ければ回転系でも無い、ましてや軽量クライマーでも無い
何より、この高速化するハイスピードヒルクライムに全く対応出来ていないし

実に中途半端なクライマーだ

結局、自分に足らないモノばかりで
何をすれば解決につながるか分かりません

でも、とりあえず、練習をキチっとすればこんな情けない結果にはならない
あと、減量にも取り組んでみようかな
自信ないけど

兎に角、1Stepアップも大事だが、まずは例年並みのパフォーマンスを取り戻す
そこから次につなげよう




さて、只今、北陸新幹線の中です

今回の日本帰国はタイミング良く富士ヒルに参加出来ました

そのツケを払いに大阪出張です


トキめき鉄道


またしても、ここをくぐ、らないw
白河の関無いしww

今朝は軽めに三本をクルクルと
ゴロよく、55.55でやめようと

ゴーゴーゴー、勢い出そうでしょ?

あ、最後が6になっちゃったw
こーいうトコのツメが甘いな~ww







スポンサーサイト



プロフィール

mini55

Author:mini55

今日も仲良しミヤモト家

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる