fc2ブログ

第11回榛名山ヒルクライム in 高崎

20230514レース)
第11回榛名山ヒルクライム in 高崎
エキスパート:33位、タイム:43.23(トップ+約6分)

もう、言い訳出来ない

ボクは遅い

加須TTを含め、この2レースで思い知った
過去の自分をイメージしていたらダメだ

遅いなりにどこまで頑張れるか
諦めたくは無いのでまだやる

それもエキスパートで
年代別に降りたく無い

今回、思いを中心に綴ってみる

それではレースレポ

前日の動き)
朝イチで軽く40分ローラー
朝食を食べて準備して、10:00には出発

山頂は寒そう、雨予報は動かない
防寒準備は万全だ

途中、SHO-PANでお昼とお土産を購入
パンをたべつつ前橋に向かう

まずは一軒目で用事を

次に高崎に向かい、15:30位にホテルチェックイン
受付を済ませて、2軒目
贔屓の眼鏡屋さんへ

ここでサングラスの相談
ボク、かなり目が悪いので度付きのサングラスって非常に高くなっちゃう

もう、老眼がひどくなり視力も低下

コンタクトは朝ローラーのみのメガネ生活
今年は外乗りも半々
で、コンタクト無しで自転車乗れるようにと思い、試行錯誤ちゅうです

買い出しを行い、ホテルで夕食を
21時過ぎには就寝

当日)
3時起床

心配していた雨も降っていない
パン的な朝食をとり、4時頃出発
現地には4:30位に到着

降っていないので思い切ってコースにいく
序盤の上りを確認に

と、言えば聞こえがいいが、ローラー忘れてw
いよいよダメだ、忘れ物するなんて

アップもそこそこに集合場所へ

そこでカラダが一気に冷え固まる
なんとかスタートまで天気は持ったがこの冷えは大きい
序盤にカラダが動かなかった

旧知の知り合いと話をするも、すっかりメンバーも様変わりで、誰だこのオッサンは位にしか廻りは見ていない

そりゃ、そうだ
バイクはスチールのあぶくま号
ホイールはキシリウム先生+コンチGP5000+パナのR'airチューブだが、カーボンじゃ無い人探すのが難しい位だ

スタート

序盤は集団になんとか食らいついていこうと必死に回す

遅いね
誰かが言う

ボクには十分速いですけど

やってきた事を実践しようと回転を落とし気味に高トルクで回していく
辛いが一番効率良いハズだ

無理に高回転でもスカスカで思ったほど力は伝達していない
集団がスピードアップするとみるみる遅れていく

完全に一人

ここで諦めないで踏んでいけばヒトが降ってくる

でも降ってきたのは雨
雨というか雲の中に入ったようで

視界がよくなるとポツリポツリとヒトが見える

オッサンの粘り腰をこで発揮
後半は7~8人を拾い順位を上げるがそこまで

神社からはアシがキツくなり回らない
目の前に数人いるのに追いつけない

後半の長いこと
かなりタレ気味でゴール

ゴール後先着人数を確認する

数え切れない・・・

やっぱ、ただのオッサンになっちゃたな
ゴール後、着替えていたら酷い土砂降りに

ずぶ濡れになりながら持ってきた上着を着込む
数えたら5着だ

テントで下山を待ちながら考える

生活見直さないとダメ
練習見直さないとダメ

ダメダメばかり

序盤、直ぐに離れてしまう
高負荷で押す練習をしていないから

やってきた高効率を生かしていたか
高トルクで押して行くのに不安がどこかにあった

不安があるなら、練習で試すしか無い
練習でやっていないことは出来ない

出来ないから自身が持てない
悪循環を断ち切らなきゃ

下山後、会場には入らず、クルマに直行
荷物をたたんで帰路につく

クルマに乗りながらいろいろなコトがアタマを過ぎる
身の丈を知るには十分だったが、背伸びしたくなる

どこまで背伸びできるかやっていこう
そこからまた光が見えるかもしれない

地道に続けるしかないの~

今日は母の日
夕食を準備して
夜のお楽しみはコイツらで


こんなので良ければいつでも言ってね
スポンサーサイト



プロフィール

mini55

Author:mini55

今日も仲良しミヤモト家

最新記事
カレンダー
04 | 2023/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる